タグ:AI

  • 201801-2-1

    AIとシンギュラリティ。2045年問題とは?

    今日、AIが私たちの日常生活に徐々に影響を及ぼし始めています。有識者の間では、今世紀中に人工知能が人間の脳の能力を超えるのではないか?という議論がなされています。今回はそのAIとシンギュラリティ(技術的特異点)と2045…
  • 201801-1-1

    AIはいかにしてビジネスの現場に活用されているのか?

    さまざまなメディアでは最近「AIの時代が到来している」と報道されていますが、具体的にはどのように活用されているのでしょうか?実は現在、AIは凄まじいスピードでビジネスの現場に浸透し始めています。今回は、AIはいかにビジネ…
  • 201801-3-1

    AIとシンギュラリティ。その未来と課題

    AIが人間の知能を超える瞬間点のことをシンギュラリティと言われていますが、具体的にはどんな未来が到来するのでしょうか? 今回はシンギュラリティによって到来する未来と課題についてまとめてみました。 …
  • ai-w-1709-2-1

    欧米と日本のAIビジネス活用の差。日本の現状と課題とは?

    日本企業がビジネスにAI技術を導入している割合は、米国や欧州と比較すると、まだまだ大きな開きがあります。その原因は利用環境や、導入後の運用面にあるといわれています。今回はその現状と課題に迫りました。 …
  • K-201709-4-1

    AIとの共存は、すでに始まっている その1 パン屋さんの場合

    AIが「企業における業務」という分野に進出し始めていることは、既にご存知ですよね。しかし、まだまだイメージとしては「IT系の企業で活躍している程度」といったイメージが強いのではないでしょうか。 しかし、実は今「パン…
  • K-201709-3-1

    AI”vs“Webライター” 生き残るのは?

    デジタルマガジンやキュレーションサイト、ニュースサイトなどで執筆活動を行うWebライター。しかし、デジタル系メディアを運営する某企業が発表した「AIをライターとして採用する」というニュースは、Webライターの焦燥感を煽る…
  • AI-K-5-1

    AIに向いていること、向いていないこと

    人間の知能を一部代行するとして、ビジネスや日常生活での活用シーンが増えてきたAI。ここ数年、急激な成長を遂げていますが、現段階ではまだまだAIには不得意な分野も存在します。前回は、記号処理的人工知能と非記号処理的人工知能…
  • AI-K-4-1

    2つのAIを比較する

    現在では数多くのAIが存在します。そしてそれぞれに得意な分野、不得意な分野が存在します。そんな種類が豊富なAIですが、現在は大きく2つのAIに分類することができます。「記号処理的人工知能」と「非記号処理的人工知能」として…
  • AI-K-3-1

    実は少し違う、人工知能&機械学習&ディープラーニング

    近年、世界中で注目を集め続けている人工知能。数年前を比較すると性能が向上していることは素人の目にも明らかです。そんな人工知能とともに「機械学習」や「ディープラーニング」といった単語も目にするようになりました。いずれも人工…
  • AI-K-2-1

    AIによるディープラーニングとヒトの学習の違い

    自ら学んで答えを導き出すことから、ヒトの脳を模倣した存在として語られることもある「ディープラーニング」。確かに、ヒトの学習方法と似ているとはいわれていますが、当然ながら全く同じではありません。今回はAIによるディープラー…

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。