カテゴリー:ビジネス活用

  • AIアシスタント20171116oota

    必見!AIアシスタントの機能とその未来に迫る!

    最近、「AIアシスタント」が国内外で次々と登場しています。AIアシスタントは音声での指示によって生活に便利なタスクをこなしてくれます。今回は、その現状と搭載されている技術、今後の未来に迫ってみました。 …
  • ai-w-1709-2-1

    欧米と日本のAIビジネス活用の差。日本の現状と課題とは?

    日本企業がビジネスにAI技術を導入している割合は、米国や欧州と比較すると、まだまだ大きな開きがあります。その原因は利用環境や、導入後の運用面にあるといわれています。今回はその現状と課題に迫りました。 …
  • K-201709-4-1

    AIとの共存は、すでに始まっている その1 パン屋さんの場合

    AIが「企業における業務」という分野に進出し始めていることは、既にご存知ですよね。しかし、まだまだイメージとしては「IT系の企業で活躍している程度」といったイメージが強いのではないでしょうか。 しかし、実は今「パン…
  • K-201709-3-1

    AI”vs“Webライター” 生き残るのは?

    デジタルマガジンやキュレーションサイト、ニュースサイトなどで執筆活動を行うWebライター。しかし、デジタル系メディアを運営する某企業が発表した「AIをライターとして採用する」というニュースは、Webライターの焦燥感を煽る…
  • AI-K-5-1

    AIに向いていること、向いていないこと

    人間の知能を一部代行するとして、ビジネスや日常生活での活用シーンが増えてきたAI。ここ数年、急激な成長を遂げていますが、現段階ではまだまだAIには不得意な分野も存在します。前回は、記号処理的人工知能と非記号処理的人工知能…
  • AI-K-4-1

    2つのAIを比較する

    現在では数多くのAIが存在します。そしてそれぞれに得意な分野、不得意な分野が存在します。そんな種類が豊富なAIですが、現在は大きく2つのAIに分類することができます。「記号処理的人工知能」と「非記号処理的人工知能」として…
  • AI-K-3-1

    実は少し違う、人工知能&機械学習&ディープラーニング

    近年、世界中で注目を集め続けている人工知能。数年前を比較すると性能が向上していることは素人の目にも明らかです。そんな人工知能とともに「機械学習」や「ディープラーニング」といった単語も目にするようになりました。いずれも人工…
  • AI-K-2-1

    AIによるディープラーニングとヒトの学習の違い

    自ら学んで答えを導き出すことから、ヒトの脳を模倣した存在として語られることもある「ディープラーニング」。確かに、ヒトの学習方法と似ているとはいわれていますが、当然ながら全く同じではありません。今回はAIによるディープラー…
  • ai-w-1709-1-1

    米国AI最新事情!シリコンバレーの最新動向は?

    AI分野は今後、非常に大きな市場に成長すると見込まれており、その規模は「2020年には50億ドル以上になる」といわれています。今回は世界のAI技術の先端を行く、米国のシリコンバレーの最新事情を追いました。 &nbs…
  • AI_201708-1-1

    必見!中国の次世代AI国家戦略とは?

    中国は現在、国を挙げて世界のAI大国になるべくさまざまな取り組みを続けており、その急速な発展は世界中が注目をしています。今回は中国が発表した2030年までのAI成長推進計画の内容と詳細についてみていきます。 &nb…

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

サービス