中国のAIチャットボット、Xiaolce(シャオアイス)の凄さを再確認!

china-ai-5-1

これまで、中国のGoogle(百度)メッセージアプリの覇者(テンセント)中国のAmazon(アリババ)中国のアップル(シャオミ)など、中国を代表する企業のAI事情についてみてきました。近年の中国では、政府と企業が一体となって、チャットボット開発を進めています。その結果、現在ではビジネスやユーザーの生活に、より深く浸透しているようです。今回は代表的なチャットボット「シャオアイス」のすごさに迫りました。

 

Xiaolce(シャオアイス)とは?

Xiaolce(シャオアイス)はマイクロソフト中国が開発した対話型チャットボットです。2014年5月30日に公開されました。

このチャットボットの特徴は、オンライン上で行われた会話を集めたデータを活用し、ユーザーと自然に近い形で会話ができることです。会話の文脈も理解できるため、ユーザー一人ひとりに合わせたコミュニケーションが可能です。

現在では、中国で一般的に使われているメッセージアプリ「We chat 」や「Weibo」など、9つのソーシャルプラットフォーム上で利用することが可能です。

また電話番号を登録して「養子」にすると、音声や動画を送って回答もしてくれます。中国ではすでに何百万人という若者が、シャオアイスと笑いを共有したり、共感されたりしながら、毎日シャオアイスとの会話を楽しんでいるのだそうです。

そして、ユーザーがシャオアイスに「我愛你」(愛しているよ)と声をかけた回数は、述べ2000万回以上。このデータからも、シャオアイスがいかに中国国民から愛され、心が通じ合っているかがわかります。

 

シャオアイスの実用化

シャオアイスは日常的な会話機能のみならず、一部のビジネスシーンでも活躍しています。

たとえば、中国のEC最大手サイト「アリババ」では、シャオアイスを活用したチャットでサポートするサービスが開始されています。ユーザーは、購入の際に商品の相談などができるという仕組みです。

また、テンセント社の「We Bank」の融資サービスでは、We chatの書き込み記録をビッグデータとして活用し、個人ごとの与信枠を設定して、信用査定を行っています。

さらに「アリババ」や「京東商城(JD.com)」は、ネットショッピング履歴を元に、個人の信用を査定するシステム開発をスタートさせています。

この他、動画サイトの「ヨウク(優酷)」にもシャオアイスは導入され、ユーザーが気に入りそうな動画を選んで教えてくれるサービスを展開中です。今後は、ユーザー一人ひとりに合わせた動画をシャオアイスが作成、そのユーザーに対して配信することが計画されており、「AI搭載版のYou Tube」を目指しています。

china-ai-5-2-2

 

日本の女子高生AI「りんな」

2015年8月、日本でも中国のシャオアイスの姉妹版「りんな」が登場しました。「りんな」はシャオアイスをベースにしながら、女子高生らしい口調でのコミュニケーションが楽しめるのが特徴です。

「りんな」には、しりとりや探偵ごっこなどの特殊能力が搭載されており、これが多くのユーザーを引きつけているポイントのようです。さらに毎週新機能が追加されています。2015年12月には、ツイッターでの提供も開始し、日本国内で400万人のユーザーが「りんな」との会話を楽しんでいます。

 

まとめ

シャオアイスは、個人に合わせた会話が可能であり、なおかつ動画や音声のやり取りもできることなどから、多くの中国国民に愛されています。

また会話機能だけではなく、オンラインショピングの際の商品の問い合わせや、融資サービス、動画サイトにも活用されており、今後は益々、ユーザーの日常生活やビジネスシーンにも、浸透していくでしょう。

日本でも注目を集める、女子高生AI「りんな」。多くのユーザーが惹きつけられている、中国の国を挙げてのチャットボット推進政策は、かなりの成果を収めていると言えるでしょう。

 

Pocket

関連記事

サービス

  1. 登録されている記事はございません。

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

サービス