中国検索最大手企業バイドゥ(百度)のAI事情とは?

china-ai-1-1

現在、中国は国を挙げて、人工知能(AI)産業に力を入れています。中国のAI技術は、日欧米諸国と比較するとやや遅れ気味な状態かもしれません。そこで中国は、AIロボットの研究やプロジェクトに対して、資金投資や人材育成制度の整備、知的財産の保護などの強力な支援体制を打ち出しています。
今回は、そんな中国を代表するIT企業「百度(バイドゥ)」のAI事情に迫りました。

 

百度(バイドゥ)とはどんな企業?

百度は中国の検索エンジンサービスの最大手、時価総額650億米ドルの中国を代表するIT企業です。十数億にものぼる中国国民に最も親しまれており、「中国のグーグル」と呼ばれています。バイドゥは、AI分野を「成長戦略の最重要分野」と認識しており、その研究開発に莫大な資本と人材を投入しています。現在は以下の分野における研究開発機構を設立、AI分野の研究を急ピッチで進めています。

 

深層学習実験室

2013年に設立。研究分野は機械学習やロボット、3D視覚、画像識別などで、中国北京市や深セン市、北米のシリコンバレーなどに複数の拠点を持つ。

 

シリコンバレー人工知能実験室

2013年に設立。研究分野はDeep Speech,Deep Imageで百度の人工知能のビジョンを実現する最重要機関。米スタンフォード大からAI業界の世界的権威であるAndrew Ng氏をチーフサイエンティストとして引き抜きました。(現在は退職)

 

ビッグデータ実験室

2014年に設立。研究分野は大規模機械学習アルゴリズム、コアサーチテクノロジー、ビッグデータアプリケーションでビッグデータ技術と応用に特化した国際テクノロジー研究開発機構。

 

バイドゥの音声認識技術の進歩

最近、バイドゥは中国の人気テレビ番組で会話ロボットを新登場させ、顔認識と音声認識機能を駆使して複雑な問題で人間と勝負して勝利を収めました。バイドゥの持つAI技術は急速に進歩していると言えます。

以前の音声を認識する技術では、オーディオの波型から音素を切り出し、それを言語モデルに当てはめてから、意味や筋が通る文章を作っていました。
しかし、最新のバイドゥのDeep Networkでは一文字ずつを次々に推測する「Recurrent Neural Net-work」を活用した並列処理が可能となり、スピードが格段に早くなっています。
「Recurrent Neural Network」は、時系列のデータを扱うために考察されたネットワークで、各タイムスロットを担当する多数のネットワークが並列処理をしていくイメージです。
音声認識の分野では、「データ量」が学習精度に大きく影響するため、バイドゥは、膨大な学習データ(スピーチデータ)を集めています。その数およそ4万5000時間分。これまでは一般的に、数千時間程度のスピーチデータを使用していましたが、それとは桁違いのスピーチデータを集め、認識精度を向上させています。
また、音声認識のエラー率も減少しているそうです。単語の誤認識率でみると、2012年は17%でしたが、2016年には3.5%となっています。この誤認識率の低下により、ユーザー数が3倍になったといわれているそうです。

さらに、2017年の6月14日に「バイドゥ日本法人が、日本語入力アプリ“Simeji”の最新Android版を発表」というニュースがありました。
このアプリは中国本社が自社のAI技術を結集させて開発したもので、使い方はSimejiのマイクのアイコンにタッチして話すだけ。音声が文字入力されるだけではなく、文中の句読点の自動入力や文意にそった顔文字の予測変換まで出来てしまうとのことです。

すでに前バージョンは2700万ダウンロードを達成していることから、最新バージョンも注目を集めています。

 

写真解析結果から作曲するAIも

2016年にはバイドゥの新しいAIが、写真や絵画を解析することで、完全にオリジナルの曲を作曲することに成功しました。このAIは、写真のコンテンツを分析して、個々の要素(人々、建造物、色)に注目し、分析を行いますAIはその後、写真のテーマと雰囲気や印象を判定します(例えば、瞑想的や攻撃的、インスピレーションを与えるなどの判定)。さらに、判定が完了すると、AIは感情により分類された膨大な量の楽譜データベースにアクセスし、最後の仕上げとしてデータベースの音楽的な断片を、画像で識別した視覚情報に関連づけていくという工程を経ています。

 

今後の展望

 

china-ai-1-2-2

今後のAI技術の展望としては、ヘルスケア、製造、メディアやエンターテイメント、運輸などの業界にも、利用が拡大すると考えられています。
そのためには、今以上にAIの精度を向上させる必要があり、より強力なコンピューターが必要となりますので、スーパーコンピューターの発展が不可欠です。
中国のAI分野での影響力は日増しに高まっており、先頭を行くアメリカよりも多くの研究が行われていることから、今後世界の注目を集めていくと言えるでしょう。

Pocket

関連記事

サービス

  1. 登録されている記事はございません。

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

サービス